「アカウントのロックや凍結はなぜ起こる?ツイッターの説明書」

新しいアカウントを作って過去の友達を大量フォロー!

・・・としている矢先、いきなりアカウントがロックされてしまった!

そんな経験をした方も少なくないはず。

 

Twitterのアカウントのロックや凍結から回復するのは様々な手間がかかり、いちいち解決法を調べるのが面倒です。

今回は、そんな面倒な状況から回復する方法をご紹介!

皆さんもロックされてしまったときや凍結されてしまったときに参考にしてみてください。

 

1 ツイッターアカウントのロックと凍結の違い

 

Twitterには公式的にロックや凍結された時の対処法がまとめられた

「ロックまたは制限されたアカウントに関するヘルプ」というページが存在します。

https://help.twitter.com/ja/managing-your-account/locked-and-limited-accounts

 

そのページによると

「乗っ取りが疑われる場合、または Twitterルール や 利用規約に違反している場合に、

アカウントをロックしたり、アカウントの一部の機能を一時的に制限したりすることがあります」と記載されています。アカウントの機能制限のことを、私たちは「凍結」とよんでいるわけです。

 

ロックと凍結では、凍結された方が機能制限の程度が大きいです。(つまり、凍結された方がツイッターを使いづらくなります)

凍結と違ってロックは、解除方法を実行すれば比較的すぐに解除されます。凍結された場合も、最初はすぐに解除されますが、凍結されて、解除してもらって、、、を繰り返すと永久凍結される場合があります。

 

2 ロック・凍結される原因

 

「特に思い当たるふしはないけれど、なぜかロックされてしまった、、、」という経験をした方もいるのではないでしょうか。

ロックや凍結の原因はさまざまにありますが、一番やってしまいがちなのは「アカウントの大量作成」、「短時間でフォロー・アンフォローを繰り返す」、「ダイレクトメッセージの過剰送信」などでしょう。

 

「アカウントの大量作成」

Twitterはアカウントを大量に作成でき、かつアカウントの移動がスムーズに行えます。だからといって短時間で大量にアカウントを作成してしまうとロック対象になります。

 

一説には次のような基準があるとも言われています。

(参考:https://affiliate-jpn.com/archives/2777

  • フォロワーが100人以下の場合:1日50フォローまで
  • フォロワーが100人~1000人の場合:1日100フォローまで
  • フォロワーが1000人以上の場合:1日300フォローまで
  • フォロワーが10000人以上の場合:1日500フォローまで

 

「短時間でフォロー・アンフォローを繰り返す」

この行為も荒らし行為として検知されてしまう行為の一つです。アカウント整理の時など、一気にたくさんのアンフォローをすることがありますが、フォローよりもアンフォローの方が厳しい傾向にあるそうです。

アカウント整理は、時間を空けながら徐々に行うのが良いようです。

 

「ダイレクトメッセージの過剰送信」

イベント告知、ビジネス利用でTwitterを使う場合にはDMによるロック・凍結に気をつけなければいけません。一説によると、1日50件まではOKという話もあります。しかしDMの数で制限されているというよりは、DMを受けた人がスパム報告をすることでロック・凍結に繋がることが多いようです。

 

3 ロック・凍結された時の解決法

 

○ロックの解除方法

ロックされた際には、原因別に対処法があります。

「不自然なアクティビティを検出しました」というメッセージが出てロックされているならば、パスワードのリセットをすれば解除されます。

違反行為が原因の際には、電話番号の登録と確認を行えば解除できます。

 

○凍結の解除方法

凍結には段階があります。

第一次「警告」をされた場合には、電話番号の登録をすることで凍結が解除されます。こちらはすぐに解除が可能です。しかし次の本凍結の解除には時間がかかります。

 

第二次「本凍結」をされた場合には、異議申し立てをする必要があります。

「詳しくは、”凍結されたアカウント(リンク)”をご覧ください」というリンクから「その後、ブラウザで新しいタブを開いて”こちら(リンク)”をクリックし」というリンクをクリックすると指定フォームから異議申し立てができます。

こちらは1~2週間ほどの時間がかかるそうです。

 

4まとめ

 

どれだけ気をつけてTwitterを利用していても、ロックや凍結にあってしまうこともあるそうです。

ロックや凍結を恐れてTwitterを楽しめないよりも、一度大胆に行動してみて、身をもって感覚をつかむのも良いかもしれません。

アカウントを上手にそだてながら、自分の目標を達成していきましょう!

Copyright © 2018 SNSマーケティング運営部 Inc. All Rights Reserved.
▲TOP