利用者の年齢層からアプローチ方法を変える|Twitter編

日本国内でのツイッター利用者数の伸び率は
は世界と比べても高く、日本人の気質、
性格にあったSNSとして、若者を中心に受け入れられています。


他SNSと比較した時のツイッターの特徴は
その手軽さにあります。
その手軽さから生まれるツイッター独特の「ユルさ」が
若者の利用者数を伸ばす要因となっているようです。

 

今回は「ツイッター集客」について、
基礎からアプローチ方法までを解説!

「若年層」がメインユーザーのツイッターにおいては、
どのようなアプローチが有効なのでしょうか?

 

 

Twitter集客の特徴とメリット

 

先ほどお伝えした通り、ツイッターのアクティブユーザーは
10代~20代の「若年層」です。
流行に敏感な若者の性格と、ツイッターの特徴の一つである
「拡散力」は相性が良く、最近ではたくさんの
イプレッションをもらうことを「バズる」といったりします。

 

他SNSは友達と、友達の友達という範囲までしか
情報が拡散しませんが、ツイッターはRT(リツイート)に
よってどこまでも情報が拡散
していき、
一切関わりがない人たちへ簡単に情報が届きます。
いい情報も悪い情報も拡散されるのが早いです。

 

もう一つ、ツイッターの特徴を挙げるとすれば
「文字制限」が当てはまります。
これにより140字より長い文章を投稿できず、
必然的に短い文章で「つぶやく」程度しか投稿できなくなります。


これは裏を返せば手の込んだ「投稿」をする必要はなく、
手軽に「つぶやく」しかないので、
堅苦しくなくユニークさがある雰囲気が、
ツイッターでは作られています。

 

これらの要素から生み出される
ツイッター最大の特徴は「リアルタイム性」です。

「世界の最新情報はTwitterで。」という言葉もあるほど、
ツイッターには、みんなに必要な「今」で溢れています。

https://help.twitter.com/ja/twitter-guide

 

 

まずは集客の基礎知識をつけよう

 

友人や気になるアーティストの近況や、
各分野の最新情報をチェックするためのSNSとして
ツイッターは利用されています。

集客のために、まずすべき準備は何でしょうか。

 

まずはプロフィールを整備することです。

「たまごアイコン」(初期アイコン)を自分を
表す魅力的な画像に変更し、プロフィール欄には、
趣味、自分のやっていること、夢中なことなど、
今の自分をアピールする内容を書きましょう。

 

準備が整ったら、ツイートの内容も見直してみましょう。

集客のために使うとはいえ、
ビジネス色を強く出さないことが大事です。

例えば「〇〇日で△△蔓延稼ぐには?
URL:http://~~~」というツイートを
見かけたことがあるかもしれません。
一般ユーザーからは、いわゆる
「業者アカウント」にしか見えないでしょう。

 

それよりも、自分の考えや世間話、趣味の話などを
話題にしてコミュニケーションをとることで
信頼関係を築くことが大切です。

 

ギラギラしたビジネス色を出すことで
似たような思考の持ち主は集まってくるかもしれないですが、
やはり一般的には業者アカウントに見えかねないので、
控えた方が無難でしょう。

 

 

Twitter集客のアプローチ方法

 

・宣伝に偏りすぎない投稿を。

ツイッターの利点である「拡散力」を生かすためには、
ただ真面目に宣伝や広報のツイートをしているだけでは不十分です。

意図的にRTやいいね!を狙ってインプレッションを増やし、
たくさんのユーザーに見てもらうことに努めましょう!

 

例えば、その企業ならではの豆知識、
誰かに話したくなる情報、アンケート機能を
生かしたツイートなど、フォロワーを楽しませる
ツイートがたくさんの反応をもらえるでしょう。

 

 

ハッシュタグをうまく使って検索されやすい投稿に。

ハッシュタグといえばインスタグラムが
思い浮かびますが、ツイッターでもタグ付け、
タグ検索が可能
です。

 

ただし、インスタと違ってタグのつけすぎには注意が必要です。
目安として1~2個程度のタグづけをしましょう。

 

 

文字や写真だけではなく「動画」を投稿する。

タイムラインにはたくさんの情報が流れており、
ツイート自体にも目を引かせる努力が必要です。
文字や画像だけのツイートよりも、
動画を含んだツイートをすることで、
目を止めてもらう効果があります

 

そして、再生秒数は長すぎない方が良いでしょう。
目安としては30~1:00の動画が良さそうです。

 

 

顧客の反応に敏感になろう。

こちら側が一方的に発信するのではなく、
顧客とのコミュニケーションをとることで
ツイートを楽しみに思ってもらうことが大切
です。


例えば顧客の感想を「引用RT」して返信してあげたり、
いいね!やRTをしてあげるなど、
反応に敏感になることでファンを増やしていけるでしょう。

 

(参考:https://www.contents.digitallab.jp/twitter.html

 

 

まとめ

今回は、利用者の年齢層からアプローチ方法を、
特にツイッターを利用する上でどうしたらよいのか、
ということについて紹介しました。

 

日本の若者層の心を掴むツイッターの特徴は、
拡散力と手軽さ、それらから生まれる「リアルタイム性」と
独特の「ユルさ」がキーポイントであることを紹介しました。

 

このポイントを押さえ、より効果的な集客ツールとして
ツイッターを活用していけるようにしましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です