【最新版】進化し続けるSNSマーケの動向を解説

はじめに

SNSという言葉をご存じですか?
SNSとはソーシャルネットワーキングサービスを略した言葉です。
ここではSNSマーケティングの動向について
解説してみたいと思います。

 

SNSマーケティングの導入をお考えの企業や、
お店の方はぜひご参考になさってみてくださいね。

SNSマーケティングとは

最近、ネット通信やインフラの発展、
スマホの普及などによって世界中に広がり、
多くの方がSNSを利用しています。

 

このSNSの最大の特徴は個人が情報を発信したり、
知らない人同士が興味のあるものや同じ趣味で
つながることができることで、この特性をお店や
企業のマーケティングに活用しようというのがSNSマーケティングです。

 

SNSがマーケティングに活用できるのは共感することで
マーケティングに活かせることで、
始まりはFacebookのいいねかもしれません。

 

いいねボタンを押すことは相手に共感したことを表し、
多くのいいねを集めることができれば、
多くのユーザーから支持されているということです。

 

また、Twitterにおけるリツイートも同様で、
これまでの広告では企業が主になり作ったページを
見てもらうことで商品やサービスを宣伝する方法でしたが、
その内容のほとんどは企業側にとて優位なもので
、中には大げさな表現や誇大広告などもあったようです。

 

ですが、SNSでは透明性が高くユーザーにとっても
信頼性の高い情報が得られるのがメリットです。

 

さて、SNSのユーザーは7000万人近くもいるといわれており、
これはネット人口の65パーセントにも達していて、
SNSマーケティングがいかに重要なのかを表しています。

 

企業にとって、従来のウェブマーケティングは
検索エンジン最適化やサーチエンジンマーケティングなど
検索連動広告が中心でした。

 

これはGoogleやYahoo!など検索エンジンで
検索したユーザーに対し、アプローチするものであり
費用が高く高い効果が得られるマーケティング法ですが、
最近はSNSが普及していることから、
ソーシャルメディアを使い情報を得る人が増えています。

 

では、検索に使うメディアとしてどういったものが
あるのかと言うと、Yahoo!、Google、Twitter、
Instagram、その他・・の順になっています。

 

これを見ればこれまでの検索エンジンの比率は
どんどん下がっており、SNSの比率が
上がっていることがうかがえます。

 

そのため、最近では企業の中でもSNSマーケティングに
力を入れるところが増えていると言われています。

 

以前はGREEやmixiなどが日本国内では中心でしたが、
最近の動向としてはFacebookやTwitterやInstagramなど
ヨーロッパやアメリカ初のSNSの利用率が高くなっています。

Facebookマーケティングの動向

さて、Facebookは世界で最も大きなSNSと言われており、
ビジネスを行う上でなくてはならない存在だと言われています。

 

また、登録を実際の名前で行うことから信頼性が
高いと言われており、他のソーシャルネットワーキングサービスと
比較して利用する年齢層が高めなのが特徴です。

 

なお、他のSNSツールと比べると長文の投稿が
多い傾向があるためビジネス向けとして知られています。

 

 

さらに、Facebookは実名で登録することから友だちだけでなく
ビジネスで繋がるケースが非常に多く、
フォーマルな場で活用されることもあり、
広告や宣伝以外にも社内の掲示板的な利用も行われています。

 

さて、このFacebookには個人向けのページと
企業向けのページがあり、いくつか機能の違いがあります。

 

まず、Facebookページはログインしていなくても見られる、
投稿した内容が検索エンジンの対象になる、
複数の人で運用や管理ができるという点があります。

 

また、無料で作ることができますが
、最初の灯籠は個人のアカウントでなければなりません。

 

このFacebook広告の利用が向いている企業としては
BtoB企業は必ずアカウントを作っておいた方がよさそうです。

 

 

個人の場合実名でしかログインできないので、
そうでないSNSと比べネガティブな投稿は少ないと言われていて、
炎上する危険性が少ないです。

 

企業にとってポジティブな参考になるコメントも多く、
マーケティングに活かしやすいのが特徴です。

 

ターゲットを中高年層に絞り、炎上リスクを
おさえながら交流や広告を行ってポジティブなコメントを
残したい企業などに向いているSNSです。

 

また、Facebookには広告配信ツールがあり、
企業向けのページを作れば、誰でも使うことができ、
趣味や関心に合ったターゲティングを行うことが可能なのも特徴です。

Twitterマーケティングの動向

Twitterは日本語だと140文字以内のつぶやきや動画や画像、
URLを投稿できるSNSで以前は若者が主に使うツールとして知られていました。

 

ですが、東日本大震災で情報のインフラとして注目されてから
幅広い年齢層によって活用されるようになりました。

 

このTwitterは実名でなく匿名でアカウントを作ることができますし、
いくつものアカウントを持つことが可能です。
140文字以内で投稿できるという気楽さから、
ネット上で開放的なやりとりができたりなどの特徴があります。

 

Twitterは若者向けのイメージがありますが、
Twitterを使っている人の割合は20代が60パーセント以上、
30代だと48パーセント程度、40代は44パーセント程度と
幅広い年代が利用していることが分かっています。

 

 

さらに、情報収集を行いやすいため自分では
ほぼつぶやかないアカウントを作成しておき、
関心のある有名人や団体、企業などをフォローしている人が
増えて居ると言われています。

 

ですので、若い年代だけでなく中高年層に向けて
マーケティングすることが可能です。

 

ただ、Twitterの特性として一瞬で拡散するため
炎上が起きやすいというデメリットもあります。
そのためにも、管理運営するのに複数人で行うなど、
慎重にしなければなりません。

Instagramマーケティングの動向

インスタ映えという言葉が流行語大賞に選ばれたことからも分かるように、
最近もっとも注目されているSNSだと言うことができます。

 

若い年代にとってLINEではなくInstagramで連絡を
取り合うことも増えているそうで、Instagramは画像や動画を投稿すること、
女性の利用社が多いなどから、インテリアやお店、
ファッション業界の参入が多いです。

 

 

このInstagramをマーケティングに活かすには
ハッシュタグの活用とセンスのあるオシャレな画像が必要です。

 

Instagramには画像を加工できる機能があるため、
ある程度オシャレな仕上がりにすることが可能です。

 

ですが、企業としてInstagramをマーケティングに活用するなら、
プロの写真家などを利用した方がよさそうですね。

SNSマーケティングを活用する際の注意点

さて、ではSNSを使ったマーケティングで注意する点と言うと、
運用ポリシーを定めておくことです。

 

計画もなしにSNSを運用するのでなく、
どんな目的で利用するのか、どういった情報を発信するのかな、
もしトラブルが起こった時にどういった対応を取るのか・・などを
はっきりとさせた上で管理、運用することが重要です。

 

また、対外的に企業のスタンスを簡単にまとめたものを作成し、
企業のホームページなどに掲載しておくことをおすすめします。

まとめ

SNSマーケティングの動向についてまとめてみました。
このSNSマーケティングは無料で気軽に利用でき、
ユーザーと密接なコミュニケーションを取れるツールとして知られています。

 

今後、このSNSマーケティングは企業にとって必要不可欠な存在になるはずです。

 

ただ、ツールが強力であればあるほど間違った使い方をすれば
使う側がダメージを受ける場合もあることを理解しておかねばなりません。

ぜひ、活用するSNSの性質をしっかりと理解していただき、
効果的に活用していただきたいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です