今話題のInstagramを使った集客方法を公開

2017年の流行語大賞に「インスタ映え」という
言葉が選ばれるなど、他SNSとは
違った存在感を持つ「インスタグラム」。

世界ではインスタグラムの利用者数は
ツイッターの利用者数を抜き、日本でも、
利用者数こそ他SNSに劣るものの、
その伸び率はとても高く、今、
一番勢いのあるSNSと言えるでしょう。

今回はインスタグラムを使った集客方法を紹介!
うまくインスタ集客の波に乗り、
効果的なマーケティングを目指しましょう。

Instagramは集客に最適?SNSマーケティングの活用方法

考えてみれば当たり前のようですが、
SNSを使ったマーケティングをする上で大事なのは、
ターゲットとなるユーザー層が
そのSNSを利用していることです。

つまり今回の場合、ターゲットが「インスタ」を
使用していることが絶対条件となります。
そうでなければ、多くのフォロワーや
インプレッションを獲得しても意味がありません。

そしてインスタグラムは集客ツールなので、
「そのツールを使って何をしたいのか?」を
決めておく(目的を明確化しておく)必要があります。

インスタグラムを運営すること
自体が目的になってしまうと本末転倒です。

インスタグラムを使った集客のコツ

SNSにはそれぞれ特徴があります。
インスタの特徴をうまく掴んで、
効率よく集客するためのコツを紹介します。

 

○写真・動画の投稿

まず何と言っても、インスタは
「写真・動画」の投稿
が中心のSNSです。
なので「どれだけ気を惹く写真や
動画を投稿できるか?」が大事なポイントです。

写真・動画アプリを使って、綺麗な
写真や面白い動画などを作成してみましょう。
最近は無料でも高機能のアプリがたくさんでています。

無料写真アプリでおすすめなのは
「LINEカメラ」(公式:http://camera.line.me/ja
フィルターの豊富さはもちろん、
文字入れやスタンプなど細かい機能が充実しています。

無料動画編集アプリでおすすめなのは
「In Shot」(使い方参考:http://uuuooo.work/blog/2018/06/23/inshot/
切りはり、フレーム比率調整、
BGM挿入の操作が簡単に行えます。

動画編集はこだわろうとするとどれだけでも
時間を投資することができてしまうので、
簡単に編集できるアプリの使用をお勧めします。

 

○ハッシュタグをつける

いわずもがな、インスタの
代名詞となった「ハッシュタグ」。

インスタユーザーはこのハッシュタグで
検索をして、みんなの投稿を楽しみます。

ハッシュタグのテクニックは、
日本語以外のハッシュタグをつけること。

日本人でもクオリティの高い投稿を探すために
英語のハッシュタグで検索することもあります。

2ヶ国語以上のハッシュタグをつけることで、
よりインプレッション数が増すでしょう。

効果的に集客するためのポイント

フォロワーが減る?NGな投稿

○あまりにも凝った投稿

魅力的で素敵な投稿を心がけるあまり「自然さ」が失われてしまっては、本来伝えたいメッセージを伝えられなくなります。
あくまでもSNSはツールとして、その先に導きたい目標の足台としての用途をわきまえるようにしましょう。

 

○ハッシュタグで文章を作る

本来の文章の他に、ハッシュタグで
文章をつくることがあります。

面白い文章ならば良いのですが、これが
蛇足になってしまうと印象が良くないでしょう。
シンプルに魅力を伝える方が吉です。

集客したいターゲットの絞り込み
ツイッターの自動フォロー・フォローバックツールは
使用している方も多いと思いますが、
実はインスタグラムにも集客ツールがあります。

それが「インスタキング」です(有料)。
http://instaking.jp/?id=infocart
効率良く自分のターゲット層にアプローチし、
ターゲットをしぼっていきましょう。

┗投稿する文章
インスタは写真・動画が命のSNSですが、
それと同時に投稿する文章も大事です。
文章はシンプルに、伝わりやすくすることが見やすくするコツです。

例えば、一文はなるべく短く、
絵文字を効果的に利用するなど、
有名インスタグラマーの投稿を参考にしてみると良いでしょう。

まとめ

今、最も勢いのあるSNS「インスタグラム」。
写真・動画が命のアプリなので、
自分の使いやすい編集アプリを
いくつかもっていると良いでしょう。

また、写真や動画だけでなく、文章やタグ付けなども工夫すると、
よりインプレッション数の増加につながります。

自分も楽しみながら、フォロワーも楽しませる。
そんな雰囲気のあるインスタを目指しましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です