Instagramにショッピング機能登場/使い方と効率的な利用方法

 

はじめに

みなさんはInstagramのショッピング機能を使ったことがありますか?
写真・動画共有サービスとして若者に絶大な人気をほこるInstagramが2018年6月にショッピング機能が実装され話題になりました。
Instagramに投稿された洋服や雑貨などをタップするだけで、そのアイテム名や価格が表示され、ECサイトへの誘導が可能になった…というわけです。

ここではそんな、Instagramのショッピング機能の使い方や効果的な利用方法などを詳しくご紹介します!

Instagramショッピング機能とは

そもそも、Instagramのショッピング機能とはユーザーがタップするだけでおすすめのアイテムをチェックできるバーチャル機能のことです。
分かりやすく言うと、Instagramに投稿された写真のアイテムを詳しく確認でき、さらに購入までできる…というもの。
このショッピング機能を導入すれば、投稿画像の中にURLをタグ漬けできるため、Instagramで商品を見て詳細をチェック、購入までスピーディに行えるようになるということです。
つまり、SNSに商品を投稿しすれば、ユーザーは短時間にアイテムを購入できるんですね。

なお、Instagramのショッピング機能が日本で公開されるまショップナウなどと言われていましたが、正式名称やショッピング機能だそう。
ただ、この機能はパソコンからは利用できずスマホからのみとなっています。

Instagramショッピング機能の使い方

では、Instagramショッピングを使うにはどうすればいいのでしょうか?

まず、ユーザーはandroidアプリかiOSから対象のアカウントを開きショップボタンが表示されているのを確認しましょう。
投稿一覧にショッピングバッグのマークがあるので、詳細ページからタップ。
すると、購入ページに移るので、そこからアイテムを購入する…という流れです。

これまで、InstagramのプロフィールURLからアイテムを再度探すのが手間でしたが、その必要がなくなったため気になるアイテムをそのまま購入できるということから、利便性の高さが特徴です。

Instagramショッピング機能のメリット

次に、もっとも気になるのがInstagramショッピング機能のメリットです。
どういったメリットがあるのでしょうか?

今やインスタ映えという言葉が使われるようになったほど、視覚的に映える写真や動画を投稿したり、見たりすることがインスタグラマーの最大の目的となっています。
また、Instagramは著名人や芸能人、プロスポーツ選手やモデル…などが利用しており、Instagramに彼らがアップするアイテムやファッションがネット上で話題となっています。
でも、これまではそんなInstagramでアップされた投稿を見てもそのアイテムやファッションがどこで売られているかを知るには写真から判断するほかなかったです。
ですが、Instagramショッピング機能の登場によって、投稿した洋服やアクセサリー、バッグや靴、雑貨などにタグ付けすれば、素のアイテムの販売ページに遷移することが可能になりました。
つまり、Instagramを経由してECサイトや商品ページに誘導できれば、インスタグラマーの核である若い女性層が商品を即座に購入できるため、やり方次第では大きく売り上げをアップできる機能であると言えます。

これまで、いくら魅力的なECサイトを構築しても、SEOにかなりの時間を費やしたりブログを書いたり…などした結果、やっとのことで消費者の目に留まることができました。
今後、このInstagramショッピング機能を使えば、アイテムをInstagramに投稿しユーザーが欲しいと思えば、あなたのECサイトで商品の購入が可能になります。
つまり、商品の宣伝が簡単にスピーディにできるようになったということですね。

InstagramはSNSの中でもハッシュタグを付ければそのハッシュタグぺージに表示することのできる最強のSNSマーケティングツールと言うことができるのです。
時間も手間もかけずにもっとも速く商品を宣伝できるという効果があります。
たとえば、Facebookの場合エンゲージの関係で結果的にユーザーに情報が届かないというデメリットがあります。
また、Twitterだと時系列であまりに早く流れてしまい消費者の目に留まりづらいというデメリットも。
この2つに関しては手間や時間がかかる割に効果がそれほど出ない…という効率の悪さがデメリットでした。

さらに、Instagramのショッピング機能を効果を最大限に活かすには数量減芸のアイテムをInstagram上で紹介することで、すぐに購入できるうえ限定性が加わるため、インスタグラマーから見るとその場ですぐに購入したい、今しないともう手に入らない…売り切れてしまうのでは!?という気持ちにかられ、購入欲を駆り立てるという効果もあります。
その他のメリットとして、さまざまなソーシャルメディアからの流入を測っている方から見れば、TwitterやFacebookとは明らかに違い、Instagramはアシストコンバージョンのみ計測できるInstagramがもどかしかったでしょうが、このショッピング機能の実装により他のSNSと同様にデータを取って比較が可能になることがかなりメリットだと言えるでしょう。
たとえば、Instagramから流入が多いページはどれか、Instagramから流入してきたユーザーの新規訪問率やリピーターの訪問率を把握したりすることができるはず。
このような理由でInstagramをビジネスに活かしきれていなかったお店や企業、EC事業者などが今後新しくアカウントを取得する流れができるのは間違いなさそうです。

Instagramショッピング機能を効果的に使うには

インサイト項目が通常投稿とは違うことを把握する

Instagramの通常投稿のインサイトで表示されるインタラクション数や発見という項目は現在のところなく、インプレッション数やリーチ、コメント、いいねの数、クリップ、ショッピングなどの分析項目が表示されることを知っておきましょう。

パソコンでは表示されない

また、Instagramの投稿にショッピング機能のタグを貼りつける場合、スマホでは見ることができてもパソコンでは見ることができません。
つまり、投稿をチェックするにはスマホで行うことになります。

ショッピング機能のタグ付けは5つのみ

さらに、Instagramのショッピング機能を利用する場合、1つの投稿に対し設定できるタグの数は最大5つまでと決まっています。
ただ、カルーセル形式でいくつかの画像を投稿する場合にはそれぞれの画像にタグを貼りつけすることができます。
その際、Instagramに投稿した画像上に表示されるアイコンはショッピングアイコンが優先され複数枚の画像アイコンとはなりません。

なお、複数枚画像を投稿する場合、投稿した後にショッピングタグの編集は不可能なのを知っておきましょう。
画像1枚を投稿する際に編集することはできるので、その点をしっかりと押さえておきましょう。

ショッピング機能設定の際審査に日数がかかる

ショッピング機能を設定する際、Facebook審査に日数がかかる場合があるため、ECサイトのセールやイベントなどと連動させる場合にはスケジュールに余裕を持たせるようにしましょう。

まとめ

最近やっと日本でもサービスが開始されたInstagramのショッピング機能。
Instagramユーザーがアイテムを目にして購入するまでの時間が分かりやすく速いため、今後ますます企業やお店にとって購買促進ツールの強い味方になることでしょう。

このInstagramショッピング機能は広告を利用しなくても商品の購入動線を構築できるというメリットがあります。
このメリットをあなたのお店や企業のECサイトにいかに活かすかが将来の成長のカギとなることは間違いなさそうです。
ぜひ、メリットの多いInstagramのショッピング機能をより効果的に利用していただき、売り上げアップにつなげていただきたいです!

ここでご紹介したことがみなさんのお役に立てばうれしいです!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です