Instagramでフォロー制限/フォロー解除の制限とは?凍結に注意

はじめに

みなさんは日ごろからInstagramを利用していますか?
若い方なら、FacebookやTwitter、Instagramをお使いのことと思います。
特に、最近では若い人の間でInstagramの人気が急上昇中です。
Instagramを利用されている方はご存じかもしれませんが、Instagramのフォロー可能人数には制限があり、解除も制限が設けられています。
ここではあまり知られていない、Instagramのフォロー制限、フォロー解除制限について、アカウント凍結されないための注意点などをまとめてみます。

フォロー制限、フォロー解除制限とは

Instagramでフォロー可能な人数は最大7,500人と決まっています。これ以上の人数をフォローしようとした場合、エラーが表示されるとなっており、7,500人より多いフォロー数がいる方はこの決まりができる前にフォローしたと考えられます。
また、Instagramは日のフォロー数も決まっており、最大200~350人です。

誰でもInstagramのアカウントを作ったら早くフォロー数を増やしたいあまりどんどんフォローしていくでしょうが、200~300人を超えてしまうと、フォロー不可能になります。
また、同じくフォローしてくれないユーザーのフォロー解除も同じ人数です。
ただ、好きなインスタグラマーや憧れのモデルや有名人、昔の知り合いや友だちなどをどんどんフォローしていくと簡単に7,500人を超えることがあるため、あまり見ないアカウントは解除しておいた方がよさそうですね。

SNSで新しいフォローをすると、その人と関係する人もフォローしたくなるものですが、フォロワーが増えていくのはいいことですが気づくととんでもない人数のフォロー数になっていたりします。
リアルの人間関係より簡単に輪を広げられるため、Instagramのフォロー数をこまめにチェックすることが大切です。

フォロー、フォロー解除に制限が設けられている理由

では、どうしてフォロー数やフォロー解除に制限が設けられているかと言うと、Instagram運営側がユーザーの満足度を高めるためです。
分かりやすく言うと、Instagramのフォロー数が多いユーザーはスパム行為という迷惑行為の可能性があるとInstagram運営側がみなしているから。
この迷惑行為はInstagramのユーザーにとって迷惑きわまりない行為です。

そのため、Instagramを利用するユーザーの数が減ってしまう可能性が高くなるので、その判断基準が7,500人という数だと判断できます。
以前、迷惑行為を行う人のほとんどが7,500人を超えるフォロー数があったため、これを基準に設けたのかもしれませんね。

Instagramでアカウントが凍結される原因

禁止事項に触れるコンテンツを投稿した

Instagramユーザーは裸体や暴力的、差別的、わいせつ的、性的に露骨な写真を投稿したりすることが禁じられています。
これはInstagramだけでなくどんなことでも同じと言えばそうなります。
あまりに過激な肉体的表現は禁じられているので、そういうものを投稿したい時は専用のサービスを利用しましょう。

ユーザーからの通報

Instagramには通報システムがあり、他のユーザーの投稿やアカウントに対し通報することが可能です。
この通報によりあなたのアカウントがInstagram運営側からチェックを受け、アカウント凍結になった可能性が高いです。
とは言っても、間違いやいたずらの可能性もあるので、通報されたら即アカウント凍結ということではありません。
きっかけは通報だったとしても、アカウントが規約を守らなかったこと自体が原因だと言えます。

アカウントを長期間放置していた

Instagramのアカウントを作成したものの、長期間放置していた場合もアカウントが凍結、削除の対象となるようです。
どのくらいの期間利用しないと凍結されるのか利用規約に明確に書かれてはいません。

ただ、時々ログインして投稿しないとInstagram運営側があなたのアカウントが使われていないと判断するため、アカウント凍結、削除になる可能性が高いです。
いざという時アカウントが使えない!となってしまわないよう、時々ログインだけでもしておくようにしましょう!

13歳未満の方

Instagramのアカウントを作成する場合、13歳以上でないといけない決まりがあります。
つまり13歳未満のユーザーはアカウントを作成することができません。
アカウント凍結されないための注意点
Instagramを使用していると、最悪の場合アカウントが凍結されてしまう場合があります。
では、このアカウント凍結を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

手動でのアクションを少なくする

Instagramは他のSNSサービスと比べて、かなり利用規約が厳しいと言われています。
そのため、投稿回数や投稿時間などそれぞれのアクションごとに細かく決まりがあり、さらにアクセスする地域や端末までも確認があります。

そのため、日ごろからアクセスしている地域と違ったり、端末が違う場合不正アクセスや迷惑行為だとみなされてしまうようです。
ちなみに、上でもご紹介したとおり、それぞれのアクションごとの上限数は次のように決められています。

フォローの上限数 1日200~350回
フォロー解除の上限数 1日150~220回
いいねの上限数 1日500~900回
ただ、アカウントによって制限のかかる回数が違うということを頭に入れておきましょう。
たとえば、アカウントを作って半年未満の場合、長期間アカウントを利用しているユーザーや有名アカウントと比べ利用制限がかかりやすいと言われています。

サーバーに負荷がかかる自動ツールやAPIツールの使用を控える

Instagramはサーバーに負荷がかかるのを警戒しており、全て凍結の対象となるかどうか不明ですが、リスクが高いので負荷がかかりすぎる解析ツールや分析ツールの使用は避けましょう。

質のいい写真を投稿する

Instagramでアカウント凍結を防ぐには質のいい写真を投稿するというのも手です。
その理由はInstagramでは迷惑アカウントを見分ける方法に手動、自動というのがあり、質のいい写真を投稿していれば安心です。
ただ、宣伝目的や情報商材のアカウントの場合、決まりを守っていても手動で凍結されることも多いので注意が必要です。

商標の無断使用は避ける

たとえば、有名ブランドのロゴや画像など商標登録されているものを無断で使用した場合、違反報告の数に関わらず突然アカウント凍結されてしまうことがあります。
投稿する際に商標登録されたブランドのロゴが入っていないか、著作権の侵害がないかどうかチェックして投稿することが大切です。

ただ、Instagramにいったん投稿された写真は自由に使うことができると利用規約に書かれています。
つまり、Instagramに投稿された写真に著作権はないということになりますね。

迷惑行為の報告をされないよう運用する

たとえば、ユーザーによっては自動いいねや自動フォローが迷惑だと感じてしまい、報告されてしまう可能性があります。
迷惑行為だと報告されてしまうとペナルティになり、度重なるとアカウントが凍結されてしまい、最悪の場合削除対象になることも。
そうならないためにも、アカウントの運用には細心の注意を払いましょう。

利用規約違反はNG

これは当たり前のことですが、利用規約違反を行うと即アカウント凍結、削除の対象となります。
基本的に他のSNSと同様で、常識的、倫理的に外れた行為をすればすぐに対象となるので十分注意しましょう。

まとめ

Instagramのフォロー制限、フォロー解除制限について、アカウント凍結されないための注意点などを詳しくご紹介しました。
Instagramを使うとなるとフォロー数を増やしたいと思うのは当然ですが、制限があることを頭に入れておきましょう。
また、快適にInstagramを使うためにも、アカウント凍結されないための注意点を理解した上で運用することが大切です!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です