Twitterでマーケティング!広告の範囲を広げてみよう!

世界での利用率はInstagramに抜かれてしまったものの、
日本国内では、10代~20代の若者を
中心に依然として高いユーザー数を誇る「Twitter」。

 

ツイッターは良くも悪くも拡散力が強く、
大きなイメージダウンに陥った事例もあれば、
一気にフォロワー数を獲得した事例もあります。

今や国内利用者数は4000万人を超え、
これからも第一線で利用され続ける鉄板SNSです。

今回はSNSマーケティングの中でも
Twitterを使ったマーケティング方法を紹介!

・アナログ広告やホームページ広告が
マーケティングの中心だった時代から、
今日のSNS時代になるまでにはどんな変遷があった?
・また、SNSの中でも特にTwitterでマーケティングをする利点とは?
・Twitterマーケティングをする上で役立つTipsも紹介します!

これを読めば、コスパ良くマーケティング効率を上げられるかも!?

従来の集客方法(広告、HP)

新聞や雑誌などで広告を流していた時代から、
インターネットが台頭するようになって変わったことは
「個人が個人・企業と自由に情報交流できるようになった」ことです。

サービスの世界では、これまで企業から一方的に
情報を受けていた時代から、消費者・企業、
双方向のコミュニケーションが活発化する時代になりました。

インターネットで意見を集め、それに適切な広告を打つ、
インターネット広告時代の始まりです。

当時、ネット広告のプラットフォームとなったのは
ホームページでした。

今でこそ比較的簡単な操作でサイトを
作成できる環境が整っていますが、
かつてサイトをつくるとなれば、メモ帳など
文章作成ソフトにタグを手打ちするか、
そのためにプログラミングに関する専門知識が
多少なりとも身につける必要がありました。

また、世間の状況として、インターネットが
発達したことにより今度は情報過多の時代を迎えました。

人々はサービスの購買基準として、
単なる広告の魅力さよりも信憑性を求めるようになりました。

手間がかかる、他人の意見が聞きたい。
その2つのニーズにする形でSNSが台頭し始めました。

専門的な知識が入らず、無料で手軽に始められる
SNSの利用者は爆発的に増え、消費者・企業の
コミュニケーションのプラットフォームも、
次第にSNSに重きが置かれるようになりました。

Twitterで市場を広げる

SNSの中でも、日本の若者層はTwitterの利用者数が多く、
利用頻度が高い傾向にあるようです。

Twitterの特徴として、若者の利用者数が多いこと以外にも、
「拡散」されやすく、「バスリ」やすいこと、
「フランク」な環境であること、
「リアルタイム性」が高いこと、が上げられます。

Twitterが備える機能も多様になりました。
現在は140文字のテキストだけでなく、プリロール、
GIFアニメーション、360度ビデオ、ライブ動画など、
さまざまな機能を備えるようになりました。

それに伴いユーザーの利用目的も多様化しています。
電車遅延や災害時など、ニュースを知る時に開くのは
ニュースアプリではなくTwitterである、
という日本人はかなりいるのではないでしょうか。

このようなTwitterの特徴を生かし、
ユーザーと関係性を深め、サービスやブランドの認知、
購買意欲の向上を期待し、運用することがTwitterマーケティングです。

 

マーケットを広げるためのアプローチ方法

Twitterでマーケティングをする上で、まずは
「分析」できるツールを持つことが必要です。

 Twitterアナリティクス

Twitter公式のツール。アカウントやツイートに対する
反応(エンゲージメント)を分析できます。
公式、無料という点で、多くのユーザーに利用されています。
https://analytics.twitter.com/about

 

 Tweriod

リアルタイム性が重要なTwitterにおいて、
適切な時間にツイートし、タイムラインに
埋もれないようにさせることは大切なテクニックでしょう。

Tweriodを使えば、フォロワーの活動時間帯を
様々な方面から知ることができます。
http://www.tweriod.com/

そして、うまくフォロワーを増やし、効果的なテクニックを打つことが大事です。

・まずは、自アカウントと同じスタイルの
アカウントをベンチマークしておくことで、
困ったときの参考にしたり、そのアカウントの
フォロワーをフォローして、
フォローバックしてもらうとよいでしょう。

・ハッシュタグを活用することも、
エンゲージメントを高める手法として有効です。
ただしインスタグラムのようにたくさんのハッシュタグを
つけることはTwitter上では嫌われる傾向があるようです。
1、2個程度ののハッシュタグが良いでしょう。

・短い文字数で、シンプル・かつ的確にメッセージを
伝えることもツイートにおいて大切な手法です。
1ツイートあたり140文字まで打ち込めますが、
100文字以下、より端的には50文字前後の内容がよいでしょう。

・マーケティングといえど、ツイート内容がただ
「宣伝」の内容だけしかないと、
フォロワーの心をつかむことはできません。
Twitterはネットワークサービスであるので、
お互いのコミュニケーションを醸成するような
「コンテンツ」を提供することが大事です。

ターゲットにとって印象に残りやすい、
「非日常感」を提供できるツイートを心がけることが大事でしょう。

これらのテクニックのうち、どれか一つに
絞るとういわけではなく、大切なことは、
「その情報は、本当にターゲットが欲している情報なのか?」
という視点をもつことです。

 

まとめ

目標設定から投稿の指針まで、基本的な
マーケティング戦略はどのSNSを
使用するとしても変わらないでしょう。

しかし特にTwitterの醍醐味は「リアルタイム性」です。
そのため、日々の継続した運用がとても大切です。

確実なファンを掴むために、
根気強くたくさんの手法にチャレンジしてみましょう!

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です