Facebookでビデオマーケティング!おすすめする理由とノウハウ

はじめに

FacebookはSNSの中でもビデオマーケティングの代表的存在となっています。
日々、ユーザーとしてFacebookのビデオマーケティングをお楽しみの方もいらっしゃるでしょうが、お店や企業がこのFacebookビデオマーケティングを活用するのにおすすめの理由やノウハウについてここでご紹介します!

ビデオマーケティングとは

そもそもビデオマーケティングとはコンテンツや広告に動画を使ったマーケティングのことで、最近動画をプロモーションに使う企業が増えていることから使われ始めた手法です。
動画を使うと、文章や画像だけとは違い、マーケティングにさまざまなメリットがあるからでしょう。
では、次にFacebookビデオマーケティングをおすすめする理由についてご紹介します。

・文字制限がない

Facebookの静止画広告の場合、画像内に文章の割合は2割以下と決められています。
その中には商品名が書かれたパッケージ写真も含まれてしまうのでなかなか厳しいのが現実です。
ですが、動画広告の場合好きなだけ文字を入れられるほか、効果的に映像を使い表現できるのがメリットです。

・タイムライン上で自動再生される

Facebookビデオマーケティングはタイムラインをスクロールし広告のところまで持っていくと、自動的に動画が再生される仕組みです。
さらにスクロールすると止まるものの、そのまま見てもらうことも可能です。
つまり、クリックしないと見られない動画広告と比べてユーザーに見てもらいやすいということですね。

・広告料金を好きなように設定できる

また、Facebook広告は1日当たりいくらと確定されておらず、オークション形式となっています。
広告主が総支出額を設定しており、その金額以内で入札するシステムです。
好きなように金額が設定できるのはありがたいですよね?

・文章や画像よりクリックされる確率が上がる

画像や文章だけの広告だとクリックすると突然企業の製品やサービスの紹介だったり、申し込みページに飛んでしまうためユーザー側が受けるイメージが悪いです。
そのため、結果的に広告をクリックする確率が下がってしまうことが多いです。

・狙ったターゲットへリーチしやすい

また、Facebookのビデオマーケティングなら狙ったターゲットにリーチしやすいという特徴があります。
あらかじめターゲットを設定しそのターゲットだけに公告配信ができるようになるため、企業やお店の製品やサービスの対象に向けてターゲットを絞り低コストで高い広告宣伝効果が見込めます。
さらに、最近若者を中心にテレビ離れが進んでいますが、Facebookビデオマーケティングならそのテレビコマーシャルの役割も兼ねられると言われています。

アメリカのある調査によれば、18~24歳の年齢層ではテレビよりFacebook動画広告の方が3割以上も高いリーチ率だと分かっています。

・最新の動画が投稿できる

また、Facebookビデオマーケティングなら最新の技術を使って動画の配信ができるのもおすすめの理由です。
たとえば、360カメラを使って撮影した動画を投稿することもできます。
こういった最新の技術を使った動画を投稿することで、宣伝効果をよりアップすることが可能です。

・情報量が多い

1分間の動画がもたらす情報量はなんと180万語分、webページに換算すると3,600ぺージにも匹敵するそう。
情報量はテキストと写真のみと比べると5,000倍にもなると言われているから驚きです。
でも、Facebookビデオマーケティングを活用すれば短い時間で豊富な情報をユーザーに伝えることができるため、動画のないWebサイトと比べ圧倒的にユーザーの心を動かし、記憶に残りやすいのは当然です。

・商品やサービスへの理解度が上がる

Facebookビデオマーケティングを利用すれば、その商品の理解度が7割以上も高まり、動画を見たユーザーの方が商品やサービスを利用する確率が6割以上もアップするという調査結果があるほどです。
よく、お店や病院などのホームページでスタッフの紹介をするのがありますが、これに動画を活用すれば写真だけと比べて見る人のイメージがかなり変わると言われています。
つまり、文字や写真だけでは相手に伝わりづらい商品の内容やコンセプトなども動画を用いることで伝えやすくなるということですね。

検索するユーザーが求めている内容と合えばSEO評価もアップする
ユーザーが検索する内容と情報が一致した動画をアップすれば、ユーザーにとって効率よく情報を伝えられいる場合、上位に検索結果が表示されやすくなります。
たとえば、Googleは上位に表示するためのルールにコンテンツの質が重要視されているので、この点において有利になるわけですね。

Facebookビデオマーケティングのノウハウ

投稿テキストでユーザーの興味を引く

いくら動画はフィード上で目に引きやすいと言っても、ユーザーの目にまず入るのは投稿テキストに他なりません。
そのため、動画に関心を持ってもらうには投稿テキストに工夫をするのも大切です。
ただ、長々とした文章で説明するのではなく、面白そうとか気になるな…などとユーザーに感じてもらえるようなテキストを考えることが大切です。

・動画のサイズに気をつける

動画と聞くと、ソーシャルメディアのタイムラインやテレビのイメージから横長をイメージするでしょう。
ですが、ここ最近急激に縦長のものが増えてきているのをご存じでしょうか?
その原因にユーザーのほとんどがスマホで動画を撮る機会が増えており、縦長に以前より抵抗を感じなくなっているからです。
実際に、ある企業が配信した動画が年間の全投稿広告で縦長の動画と画像がエンゲージメント率の上位10位までの6割を占めたというデータがあります。
また、動画の投稿がSNSのタイムラインに流れる際も縦長の方が画面を独占できることから考えても、今後は縦長の動画を作成することを前提に考えておいた方がよさそうです。

・広告の目的に合った動画形式で投稿できる

みなさんのお店や企業では動画を配信する際さまざまな目的をお持ちのことでしょう。
たとえば、ユーザーに短時間で印象付けたい場合や長めの動画を配信したい場合などがあっても、コマーシャルなら15秒単位という制約があります。

ですが、Facebookビデオマーケティングなら好きな時間に設定でき、スキップ不可やミッドロール動画なども可能です。
つまり、あなたのお店や企業の目的に合わせた動画配信が可能であるということです。

・既存の素材を使いコストを抑える

そもそも、ほとんどの方は動画の制作にはかなり費用がかかると思われているでしょう。
なので、動画マーケティングを行う場合のネックになっているケースが多いです。
ですが、初めからきちんとした動画を用意する必要はないでしょう。

既存のもので活用できるものがあれば それを活用し再編集したものを利用するのも手です。
さらに、ターゲットとなるユーザーがしっかりと投稿した動画を見てくれているのかどうかをチェックすることも重要です。
そのためにも、既存の動画を活用するというのがポイントです。

まとめ

動画マーケティングは一般的に初期投資がかかることから成果がはっきり見えづらいという特徴があります。
ですが、動画の制作方法の基本をおさえておき、適切なチャンネルで拡散、動画を効果的に配信すれば高いCPAが実現できます。
ぜひ、Facebookビデオマーケティングを最大限に活かしていただき、あなたのお店や企業の製品やサービスを多くのユーザーに知ってもらいましょう。
まだFacebookビデオマーケティングに手をつけていないお店や企業も多いでしょうが、これをきっかけにぜひチャレンジしてみてくださいね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です