Facebookでアフィリエイトは禁止?仕組みについて公開

はじめに

最近話題になっているアフェリエイト。
本業以外に副業として、独立して・・など、
アフェリエイトに取り組む人が増えています。

アフェリエイト収入を得るにはさまざまな方法がありますが、
Facebookでアフェリエイトは禁止なのでしょうか?

そもそも、Facebookは実名で登録するSNSなので、
アフェリエイトしていると本名がバレてしまうのでは?と思いますよね。

ここではFacebookでアフェリエイトは禁止なのか、
その仕組みについてまとめてみます。
Facebookでアフェリエイトをやってみたちいと
お考えのあなたにとってお役に立てればと思います!

Facebookでのアフェリエイトはリスクが高い

現在、Facebookを使ってアフェリエイトしている方は
たとえ偽名を使っていたとしてもバレてしまう可能性が
あるため注意が必要です。

偽名を使っているのだからバレるはずない!
と思っているあなた、それは甘い考えです。

いくら偽名を使っていたとしても、最終的にお金を
振り込んでもらう際銀行口座は本名ですよね?

ということは不正行為はバレてしまう・・ということです。

まずはこれが一つですが、他には履歴が残るためおかしな
メルマガに登録してしまい、高額商品を購入させられた人の恨みを
買う可能性があることを忘れないでおきましょう。

 

Facebookでアフェリエイトを行うのは非常にリスクが高いのです。

Facebookでアフェリエイトはやめておこう

現在、Facebookでアフェリエイトを行う場合、
ブログなど外部サイトへとユーザーを誘導し
アフェリエイトを行うことがほとんどです。

その理由はFacebookより外部サイトの方が自由度が高いので
クリックしてもらいやすいことや、広告やレイアウトしやすい・・
ということからです。

また、Facebookには決まったルールを守って利用するなど
ある程度制約があるため、Facebookはあくまでも
アクセス集めに使う

集客ツールとしてとらえましょう。

規約変更やシステム変更がある

そもそも、Facebookでアフェリエイトするとなると
Twitterなどと同様のSNSアフェリエイトですので、
いつ運営サイドの都合で規約の変更や
システムの変更があるかもしれません。

現在はFacebookを活用したアフェリエイトを行っている方もいますが、
運営サイドの方針によってある日突然アフェリエイト
できなくなる可能性も出てきます。

さらに、Facebookでアフェリエイト収入を得るには
外部のアフェリエイトサイトに誘導する必要があるため、
Facebookで集客するためにはいいね!などの評価を
大量につけてもらう必要が出てきます。

Facebookでアフェリエイトは可能だが工夫が必要

それに、Facebookの規約変更がいつあるのかも分からないので、
不安定であることもアフェリエイトに不向きな理由です。

ウェブサイトでアフェリエイトを行う場合、
どれだけサイトに手間と労力を
かけたかによって収益性が変わってきます。

ただ、Facebookアフェリエイトの場合簡単に収入が得られるものの、
収益性を高めるには向いていないとされています。

つまり、Facebook単体でアフェリエイト収入を上げるのは
かなり難しいと言っていいでしょう。

メインは他で考え、あくまでもFacebookはサブと
考えておいた方がよさそうですね。

Facebookページを利用するのも手

さて、Facebookは基本的に実名で登録するSNSですが、
いっぽうでFacebookページは
完全に匿名で運用することが可能です。

また、Facebookアカウント1つで複数のFacebookページを作成したり、
運営することが可能な点もアフェリエイトに
向いていると言っていいでしょう。

まとめ

Facebookでアフェリエイトを行うことは
禁止されていないというものの、
あくまでもサブととられておいた方がいいようです。

また、個人のFacebookではなくフェイスブックページを
利用すれば自分だと知られる心配がなさそうなので、
そちらを利用するという手もありますね。

Facebook以外にもさまざまなアフェリエイトに
活用できそうなツールはあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です