初心者必見twitter広告で月収35万円?稼げるポイントを紹介

はじめに

みなさんはTwitterをお使いですか?
また、Twitter広告で収入を得られることをご存じでしょうか?
広告と一言で言ってもさまざまなものがありますが、
Twitter広告は新しい方法として注目されています。

Twitter広告で月35万円稼ぐにはどういった
ポイントを押さえておけばいいのか、
ここでご紹介したいと思います。

Twitter広告の目的

Twitter広告は特定の情報の拡散やフォロー数の増加、
外部誘導・・などの目的のために配信される広告のことを言います。

システムとしてはユーザーのタイムラインに
広告する側のツイートが挿入され、
Twitterにユーザーがアクセスすると上部に表示されるものです。

 

Twitterはリアルタイムに情報が得られるため、
顧客の声が届きやすくなっており、
どのようなデバイスであっても
アクセスが可能というのがメリットです。

また、フォロワーやリツイートが短い時間で
どんどん増えていくのもメリットです。

さらに、テキストが140字なので、
ユーザーがこまめにチェックしやすい
というのもメリットだと言っていいでしょう。

Twitter広告のメリット

Twitter広告は検索エンジンでは検索しないキーワードや
ユーザーであってTwitter広告のキーワードターゲティングを
活用することで、ユーザーのツイートに反応することが可能です。

そうなると、リスティング広告でリスティング不可能な
ユーザーに対しても広告を配信することが可能です。

アンケート付きツイート広告を利用する

Twitterアンケートならアンケート付きツイート広告によって
ユーザーをキャンペーンに巻き込めます。

このアンケート広告なら気軽にアンケート回答でき、
名前などを書き込む必要もなくただ
アンケート回答を選ぶだけというもの。
面白いと思ってもらえれば、リツイートが期待できます。

ただ、リツイートされたアンケート付き広告は
URLがクリックさえても課金されることはありません。

ですので、より面白いと思ってもられるような
アンケートを作りリツイートがより多くなれば
非課金の広告が増えていきます。
そうなると、当然ですがCPCも下がっていくはず・・。

たとえば、ある事例だと英会話に関係するアンケートにするとしましょう。
まず、英語に関心のあるユーザーを対象に配信すれば、
アンケートに答えてもらえやすくなります。

その結果、英会話を習ってみたいと思わせることができ、
ツイート内に記載されたURLにクリックしてもらえる
確率が上がります。

つまり、プロモーションの内容に合う
アンケートの内容に加えプロモーションのジャンルに
関心の高いユーザーへ配信することで
かなり効果をアップさせることができます。

このTwitter広告の事例では元々プロモツイートで
CV申し込みが望めませんでしたが、
アンケート付きツイート広告を行った結果、
かなりCV数をアップできたということです。

アンケート付きツイート広告、利用してみる価値はありそうです。

Twitter広告を活用する際の注意点

ただ、Twitter広告を出稿する際に注意点があります。
それは保存する際下書き状態となるため、
ツイート分の予約投稿時間やキャンペーンの開始日になっても、
キャンペーンが始まらないと広告として配信されない・・ということです。

つまり、開始についてしっかりチェックすることが重要です。
さらに、Twitter広告は広告に否定的なコメントが
入ってしまうと炎上しかねないという点があります。

Twitter広告の最大のメリットは拡散性ですが、
いっぽうでこういったことが起きることも想定に入れておきましょう。

まとめ

Twitter広告はターゲットと配信方法さえ押さえておけば、
かなり効果的に稼ぐことが可能です。

特に、Twitterのユーザーは若い人が多いので安い、
目新しい・・という点は特に押さえておきたいポイントです。
ぜひ、Twitter広告で稼いでみたいという方は試してみてくださいね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です