[先手必勝]2019年最新の今年注目のSNSを紹介

はじめに

みなさんは日ごろ、どんなSNSを使われていますか?
最近、若者の間でSNSを使用するのが当たり前の時代になっています。
ただ、あまりに数が多すぎてどれを選んでいいのか分からない…という人が多いようです。
そこで、ここでは2019年最新の注目SNSを2つご紹介しますので、ぜひご参考になさってみてくださいね!

2019年流行しそうなSNSの傾向

SNSの2019年の流行はFacebookやTwitterなど文字を中心としたものから、Instagramなど写真や動画を中心としたものへと変化すると言われています。
また、最近では動画を投稿するTikTokなどに人気が集まっています。

SNSを利用するのが当然の世の中になり、ユーザーの中にはもはや飽き始めた人もいる中、リアルに近いコミュニケーションツールになれるかがカギになっているようです。
特にTikTokやSHOWROOMは若者の間で急速に広まっているSNSです。
次で詳しくこれら人気のSNSについてご紹介したいと思います!

TikTokとは

まず、TikTokをご紹介したいと思います。
「TikTok?そんなの聞いたことないな…」という人も多いかもしれません。
TikTokを一言で言うと、気軽に動画を配信できるSNSサービスです。
このTik Tokを運営している会社は中国の企業だというから意外ですよね?
では、TikTokは現在、どれくらい人気があるのでしょうか?
現在、TikTokは世界150か国以上で使われており、月間のアクティブユーザー数はなんと1億人もいるそう。
さらに、アメリカのある調査会社によれば、最新のアプリのダウンロード数もうなぎのぼりだとか。
2018年の第一四半期のAppleStoreでのダウンロード数はこのTikTokが第一だったというからすごいですよね?
また、日本での調査でもTikTokのダウンロード数は2018年8月現在無料アプリダウンロード数の第1位です。
なお、日本でのTikTokの認知率は10代が最も高く、10代のなんと7割以上の人がTikTokの存在を知っていたり、すでに使った経験があるそうで、現在も使っている人は1割程度だとか。
将来的に増えていくのは言うまでもないことです。

TikTokの特徴

ではこのTikTokの特徴にはどういったことがあるのでしょうか?

手軽に利用できる

まず、最大の特徴は手軽に利用できるということです。
音声や動画の編集をスマホだけでカンタンに行うことができ、そのやり方も非常に分かりやすいのが特徴です。
さらに、投稿できる動画の長さが短く、たった15秒なので見る人に与えるインパクトが非常に大きいです。

また、Tik Tokの動画は口パクでいいので、余計な操作がなく簡単に投稿でき特別なスキルがなくても誰でも利用できる点も特徴です。
YouTube動画は世界最大の動画プラットフォームで視聴時間が5分前後だと言われていますが、このTik Tokは15秒なので撮影が手軽なのは言うまでもありません。
そのため、Tik Tokに動画を上げるためにわざわざ凝ったネタを考える必要もないので、最初日本では中高生を中心に人気が出たようです。
また、TikTokで利用できるBGMも数万種類用意されているというからありがたいですよね?

投稿のハードルが低い

TikTokはアプリにある機能を使用するだけでカンタンに音楽付きの動画を投稿でき、高度な加工が気軽にできることから特別なスキルがなくても希望通りの動画が簡単にできることが人気の理由でしょう。
さらに、投稿動画についても曲に合わせて動く動画とほとんど決まっているので、内容も特に芸術性やおもしろさを必要とせず、誰が投稿してもおもしろい、かわいいことをすればそれなりに魅力的な動画にできるのという点です。

つまり、動画の加工や内容などに特別なアイデアやスキルがいらず、投稿へのハードルが低い点がここまで人気の出た理由と言っていいでしょう。

TikTokの流行スタイルは国によって差がある

TikTokがここまで流行した理由の一つに地域性の高いプロモーションがあります。
TikTokはそもそもアジアの国々で大流行していますが、どういったスタイルの投稿がウケているのかはそれぞれの国の文化によって違っています。

たとえば、日本だと女性はかわいい投稿や元気な投稿がもてはやされていますが、中国だとほとんどが家族の投稿だそう。
小さいお子さんからお年寄りまでが一緒に動画に写りダンスをする…という投稿が多いです。
また、カップルが一緒に手や腕だけで踊るというダンスも多いそう。
さらに、タイで多い投稿は男女が静かな音楽に合わせてゆったりとダンスする…という投稿が人気です。
こういった各国それぞれの流行は常に変わっていきますが、それは世界的なものではなく地域性によって特徴があるという点がTikTokが流行する理由の1つでしょう。

SHOW ROOMとは

次にご紹介したい2019人気のSNSはSHOW ROOMです。
SHOW ROOMについても名前すら知らないという人が多いかもしれませんね。
SHOW ROOMは他の動画配信アプリとは違っており、視聴に重点を置いたライブ配信、コミュニティ、SNSアプリだと言われています。

このSHOW ROOMを運営している会社はSHOW ROOMという会社で、この会社の社長さんはある有名女優さんと噂になっていることから知ったという人もいるでしょう。まだ2015年にできたばかりの会社で、そもそもDeNAから分割した新しい会社だそう。
ただ、現在の権利関連もまだDeNAにあるため、母体にビッグな企業がついているということになります。
まず、2013年にパソコン版が開始され、その後Androidでの利用が始まり、2014年にiPhone版のサービスが始まりました。
このSHOWROOMの利用については料金がかかりませうが、ライブ配信や番組視聴などによっては通信料がかかる場合があるため注意が必要です。
ただ視聴するだけだと登録する必要さえないのが特徴ですが、ライブ配信やコメントの書き込みなどを行う場合、無料で登録する必要があります。視聴者はコメント以外にギフトアイテムを投げ、配信をにぎやかにすることが可能なのが特徴です。
このギフトアイテムには有料と無料のものがあり、唯一SHOWROOM内で課金が発生するものです。

さらに、日々配信者として参加できるオーディションやイベントなどが開催されていて、視聴者からのコメントやアイテムを多数受けて配信が盛り上がっているユーザーにはさまざまな賞品や特典などが得られるシステムです。

SHOW ROOMの特徴

・アイドルやモデルさんを身近に感じられる
今やほとんどのモデルさんやアイドルたちがこのSHOWROOMを利用してライブ配信を行っていると言われています。

たとえば、日本で国民的アイドルグループであるAKB48グループもこのSHOW ROOMでライブ配信を行っているため、ファンの方はぜひ登録をおススメします。
あなたの好きなAKBグループメンバーを身近に感じることができますよ!
モデルやアイドルの他にも俳優やミュージシャン、モデル志望の方たちもSHOW ROOMでライブ配信を行っているため、そんな方たちを応援できるのもSHOW ROOMの醍醐味です。
有名芸能人を応援することからまだ芽の出ていない人たちを応援することまで色々な楽しみ方ができる、それがSHOW ROOMです。

自分でトークする必要がない

SHOWROOMはリスナーもアバターとなって配信に参加するSNSなので、場合によってはリスナーが騒いでいる場面に配信者が参加し、合いの手を入れたり聞くことができ、そういったことで人気者になった配信者もいるほど。
つまり、話し上手でない人にとってこれほどありがたいSNS動画配信サイトはないということです。

まとめ

2019年最新のSNSを2つご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

他にも2019年に流行りそうなSNSはまだまだたくさんあります。その中で選ぶのは非常に難しいかもしれませんが、ここでご紹介したことを参考にしていただき、あなたにとって最適なSNSが見つかることを願っています!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です