あなたは大丈夫?フォロワーが減ってしまうやってはいけないこと

はじめに

あなたはSNSを利用していて、フォロワー数が減ってしまったことがありますか?
フォロワー数が急に減ってしまうには何らかの原因があるはずです。

そこで、ここではSNSのフォロワー数が減ってしまうやってはいけないこと、
フォロワー数を増やすコツなどをご紹介したいと思います。
ここでご紹介することをしっかりと理解しておけば、
今後フォロワー数を減らさずに済み、二度と悲しい思いをせずに済むはずですよ!

フォローするとは?

そもそも、SNSで誰かと繋がる際、友だちになるとか
フォローするとか言いますが、それはどういう意味なのでしょうか?
この人と繋がりたいな・・と思ったら相手にメッセージを送っていただき、
フォロー申請をしてみましょう。

相手が承認してくれれば、お互いフォローし合い繋がることが可能です。
企業で登録している場合はこのフォロワー数が多ければ多いほど
イメージアップでき、信頼度が高まるはずですよ!

SNSでフォロワーが減るやってはいけないこととは?

Twitter

SNSでは一般的にフォローしてもらったらこちらも
フォロー返しをしないと、フォローを解除されてしまうことが多いです。
その理由はほとんどのユーザーはフォロー返しをしてもらいたいと思っているからです。

ですので、フォローしたのにいつまでもフォロー返ししてくれない場合は
フォローを解除されると思っておきましょう。
常にフォロー返しのタイミングを逃がさないようこまめに
チェックを行うことが重要です。

アカウントの整理を行った

もしかすると、あなたのTwitterのフォロワーが激減したのは
フォロワー解除ではなくアカウントの方向性を変えたいとか、
フォロワーやフォローを整理した・・などが原因かもしれません。

アカウント削除を行ったユーザーは他の人のフォロワーやフォロー一覧には
表示されないのでフォロワー数が減るのは当然です。
もし、アカウントを変更したという人が周りにいたら、
それはアカウントを削除したのかもしれませんよ?

ツイートを頻繁にする

あまりにも短時間にたくさんつぶやくユーザーは
フォロー解除されやすいと言われています。
それはタイムライン上に特定のユーザーのつぶやきばかり表示されてしまうと、
他のユーザーのつぶやきが見えづらいからです。

Twitterは1つのつぶやきが140文字という気軽さがあるいっぽうで、
そういったリスクもあることを理解しておきましょう。

同じようなつぶやきが多い

また、毎日同じような内容のつぶやきが多い場合や
宣伝に利用している場合はフォローを外される可能性が高いです。
自動投稿ツイートという機能を利用している方も多いかと思いますが、
これは便利な反面プロフィールのページを開いた際同じような
内容のツイートが並んでいるとフォローを外そうと思われてしまう可能性が高いです。

 

毎日つぶやく時間が取れないようなら、つぶやきのパターンをいくつか
登録しておくなど、フォロワーに飽きさせないような工夫をするようにしましょう。

Instagram

ユーザーに興味のないものばかり投稿する

Instagramで企業アカウントを運用している場合、
あくまでも主役はフォロワーであり、企業側はその中に
お邪魔させてもらっているという意識が必要です。

ユーザーは友だちや知り合いと繋がりたいと思っている場合が
ほとんどなので、企業アカウントでの投稿は友だちの投稿のついで程度に見るものです。

ですので、友だちや知り合いを求めていることが多いため、
企業アカウントの投稿についてはそのついでに見るものなので
ユーザーの興味を引かないものばかり投稿しているようではすぐにフォローを外されてしまいます。

 

ユーザーのためになる投稿やキャンペーン、見ていて楽しいものなどを投稿することが必要です。

統一感のない投稿をする

また、Instagramは写真が中心のSNSなので、
アカウントの投稿履歴を見ると投稿の傾向が一目瞭然になります。
そのため、投稿に統一感が必要になると言っていいでしょう。

ユーザーは企業アカウントをフォローする場合、何かしらの目的を持ってフォローしているはずです。
ですが、投稿に統一感がなければユーザーの目的に
合わないためフォローを解除されてしまうことになります。

 

つまり、企業アカウントを運用するならユーザーが何を
求めているのかしっかりと把握し、ニーズに合うようなコンテンツの投稿が必要です。

広告的な内容が多い

また、企業アカウントを運用する場合、公告ばかりの投稿や
キャンペーンを転用した画像を使った投稿などばかりだと
フォロワーが嫌悪感を抱くことがあります。

自社製品をアピールするような投稿ばかりだとフォロワーが
不快な思いをする可能性があることを理解しておきましょう。

投稿しない

これはどのSNSでも同じですが、定期的に継続的に投稿することが大切です。
フォローしていても投稿がほとんどなく、ためになる
情報が全くないとなればフォローを外されてしまうこともあるでしょう。

Instagramを運用する場合はどういったスケジュールで
投稿を行うかしっかりと考えた上でユーザーに定期的に
利益のある投稿を提供するようにしましょう。

Facebook

会社や商品の宣伝が多い

これは上でご紹介したInstagramと重複しますが、
会社や商品の宣伝ばかりするのはいかがなものでしょうか?
もちろん、自社製品や自分の会社のことを大切にするのは
重要なことですが、ある程度節度を持つことも大切です。

Facebookは売り込みを嫌うSNSだと言われているため、
売り込みをかけた瞬間に友だちやフォロワー、いいねの数が激減します。
なので、それを防ぐには宣伝は極力控えた方が無難でしょう。

 

さらに、その代わりとしてメルマガへ誘導してみてはいかがでしょうか?
Facebookと違いメルマガで宣伝することはほとんどの人は
寛容なのでFacebookはあくまでもメルマガへ誘導するための媒体ととらえておくといいでしょう。

やたらと拡散を希望する

Facebookで拡散希望の投稿はメリットもあればデメリットもあります。
本当に重要なことであれば自然に拡散されるはずですので、
必要以上に拡散を望むのはやめておいた方がいいでしょう。

さらに、何か投稿しても拡散されなければ
それはフォロワーの心を動かせなかったということ。
投稿の内容を今一度見直してみましょう。

フォロワーを増やすには?

こだわりを持つ

では、逆にフォロワーを増やすにはどうすればいいのでしょうか?
カリスマ性のある方や有名芸能人などはその日の
ちょっとした出来事を投稿するだけでフォロワーがどんどん増えるものです。

ですが、一般人の場合や一般企業の場合はそう簡単にはいきません。
たとえば、何を発信したいのか、情報を伝える、モノやテーマに沿って
情報を提供する…をはっきりと押さえた上で投稿すれば閲覧数は
自然と増え、フォロワーも増えていくでしょう。

写真や動画の投稿を

SNSは文字だけの投稿だと印象が薄くなってしまい、読む側もイメージが湧きにくいです。
SNSは日々さまざまな情報が流れるため、
フォロワー数を増やすには個性やインパクトのある写真を
掲載することでたくさんの人の目に留まりやすくなるでしょう。

まとめ

SNSのフォロワー数が減ってしまう原因についてそれぞれのSNSに分けてご紹介しました。
ここでご紹介したことを意識していただければ、
フォロワー数が減るのをある程度食い止められるかもしれません。

意識的にやめられる行動や投稿はぜひ止めておいていただければ
今より状況は必ずよくなるはずです。

今後、SNSを運用していくに当たり、ぜひご参考になさってみてくださいね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です