あなたの方法は逆効果かも?SNSマーケティングで注意したい2つのこと

SNSマーケティングとは

そもそもSNSマーケティングとはTwitterやFacebook、
InstagramなどのSNSを活用したマーケティング方法のことで、
商品の好感度や認知度を上げたり、
企業のブランド力をアップしたりすることを目的としたものです。

さらに、最近ではInstagramショップのような直接
売り上げに直結する機能を持つものもあらわれており、
大変注目されています。

以前、単に認知度を上げるためだめに
活量されていたSNSマーケティングが今では
消費者の購買力を生み出すものとなってきています。

SNS上では人や団体、企業などのアカウントが
消費者とつながることで、それぞれ情報を交換し合える
関係性があるため、企業がSNSユーザーの動向を知ったり、
ユーザーが企業へサービスについてのフィードバックができたりなど、
相互に関わり合える関係性が成り立っています。

SNSマーケティングのメリット

顕在層へのアプローチが可能

まず、SNSマーケティングのメリットとしては
顕在層へアプローチできる点があります。

顕在層という言葉はあまり耳慣れない言葉かもしれませんが、
商品やサービスのことをだいたい分かっており
購入を予定しているユーザーのことです。

たとえば、Facebook広告の場合ターゲット設定が
困膜できるので、最適なユーザーに向けての広告表示が可能です。

さらに、リターゲティング機能というのがあり、
これを利用することで1度サイトを閲覧してくれたユーザーに対し広告を出すことができます。

検索同様ユーザーの流入が期待できる

これまで、ユーザーは何かしらの情報を集める際、
Googleなど検索エンジンを使うことが多かったです。

ですが、現在ではSNS経由で情報を集める人が増えており、
知り合いのTwitterやInstagram、Facebookなどを見て
行きたいお店やレストランを見つけたり、
洋服などを購入するなどすることが多いです。

ですので、BtoC向けサービスならこれまでの検索を
経由しての消費者の流入より、
SNSを経由したものの方が多くなってきたのです。

潜在層にもアプローチが可能

SNSマーケティングのメリットとしてはなんとなく・・など
潜在層向けにアプローチが可能という点です。

この潜在層とは商品やサービスについてなんとなく理解していて、
購入するかどうか迷っている人のこと。

現在、情報検索はGoogleなどよりTwitterやInstagramの
ハッシュタグ検索の方が効果的だと言われているほどです。

つまり、TwitterやInstagramのハッシュタグによっては
リーチしたくてもしきれなかったユーザーへ情報を
発信することが可能だということですね。

SNSマーケティングを活用する際のポイント

さて、SNSマーケティングにおいてはほとんどのユーザーに対し
信頼や共感を得ることで企業のブランドに対するイメージアップができたり、
認知度を上げたりできます。

その中で、すでにあるテレビやウェブ、雑誌などと
明らかに違うところはユーザーが主体であること。

既存のメディアの場合は企業側は主体となりブランドイメージを
表したコマーシャルや広告などを世の中へ発信し共感を得る手法だったのが
SNSの場合ユーザーが主体となっていないと受け入れられにくいです。

つまり、ユーザーにいかに共感を得られるように作られた
マーケティングを展開できるかがSNSマーケティングの
ポイントと言っていいでしょう。

これを押さえておけば、世間的にあまり知られていない
企業であってもファンを獲得できる可能性が高まります。

さらに、既存メディアに比べ広告費の面でもかなり安い費用が
実現するため予算に限りのある企業にとっても広告を出しやすいです。

SNSマーケティングの注意点

未登録ユーザーが意外と多い

そんなSNSマーケティングにも注意すべき点があります。

それはInstagram広告やFacebook広告のターゲティング機能で、
最大の魅力とも言われていますが逆に
絞り込みをかけすぎると逆効果になると言われています。

実際に、ご自分のアカウントを思い出してみていただけば
お分かりでしょうが、どの程度ご自分の
プロフィール欄を細かく入力しているでしょう。

たとえば、年齢や性別、住所など基本的な
情報は入力しているでしょうが、
交際ステータスや趣味などの部分は
記載していないという方がほとんどでしょう。

また、趣味はあってもFacebookの趣味のところに
登録していない方もいたり、
初めに登録したまま放置している方も多いです。

ほとんどの方がFacebookで最近あったことなどを
投稿したりしていても、プロフィール欄については
更新せず放置しているという場合が多いです。

このように、ユーザー自身が登録している情報を
活用できるとは言え、未登録のままだと配信したいユーザーに対し
それができないとか、 古い情報のまま更新されていないと
配信したところでむだになるなどの場合もあります。

さらに、配信するターゲットを絞り込みすぎると、
同様にターゲティングしている他の企業と競合してしまうので、
CPCもアップしやすくなるという傾向があります。

そのため、登録の多い基本情報などでターゲティングをした上で、
交際ステータスや趣味などの細かい情報についてはABテストを行うなど
いったんターゲッティングした情報を再度見直すようにし
CPCやクリック率を改善できるよう工夫することが大切です。

SNSを完全にコントロールすることはできないと理解する

さらに、次の注意点としてはSMSは企業側の意思で
完全にコントロールするのは不可能だということを理解することです。

たとえば、自社の公式アカウントから情報発信する場合、
それなりに体制を整えればコントロールを厳重にすることが可能ですが、
それを見たユーザーがどういったイメージや感想を持ち、
どんな反応を示すかは完全に予想したり、制御することはできません。

さらに、企業の社員のSNSの個人利用を企業側は
完璧にコントロールするのも用意とは言えません。

就業時間内に企業のパソコンからSNSへのアクセスは制限できても、
休憩時間などに自分のスマホからSNSへ投稿したり、
帰宅後自宅から投稿したりするのを禁じるのは不可能です。

たとえ私的なアカウントとは言っても、企業名を
大々的に公表して発言してしまえば、ユーザー側から見れば
それが企業の見解であるととらえられても仕方がないでしょう。

こういったトラブルを回避するには運用方針書などを
作成しておきSNSの利用について
ルール作りを明確にしておくことが重要です。

私的なSNSの利用については社員それぞれの良識に
頼るところが多いですが、とは言え社員の軽率な発言により
企業にとって甚大なダメージを与える可能性がないとは言えません。

社員の私的アカウントからの発言を規制するのは難しいですが、
たとえば他人の肖像権や著作権を侵害してはいけない、
企業の顧客情報の漏洩や経営情報についての暴露など
企業にとって被害を被るような発言は控えるなどの
最低限のルールははっきりさせておく必要があるでしょう。

特に上場企業の場合、こういったことは最優先にやっておくべき事柄です。

まとめ

SNSマーケティングとは一体なにか、どういった効果があるのか、
注意しておくべきことは何か・・などをまとめてみました。

ほとんど費用をかけずに簡単に利用できお客さんと
密接なコミュニケーションが取れるSNSは企業活動を行う上で
今後さらに必要不可欠なツールとなるでしょう。

ただ、便利なのと同時にそれだけ効果的なもので
あればあるほど使い方を間違うとこちらにとって
ダメージを受けることになりかねません。

どのSNSマーケティングを活用するのかを見極め、
特性をしっかりと理解した上で効果的に安全に利用していただきたいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です