【Twitter】エンゲージメントとは?活用方法を紹介

はじめに

Twitterエンゲージメントという言葉をご存じでしょうか?
最近、FacebookやTwitterなどSNSにおいて
この言葉をよく聞くようになりました。

 

ここではTwitterエンゲージメントについて、
またその活用法をまとめてみます。
Twitterをより効果的に利用したいと思われる方は
ぜひ最後までお読み下さいね。

Twitterエンゲージメントとは

エンゲージメントとは日本語に訳すと、
約束などの意味があり、マーケティング分野では
企業とクライアントの結びつきを表す言葉です。

なお、Twitterにおける意味としては、Twitterを見たユーザーが
それに対し何かアクションを起こしたことを意味します。

このアクションの内容とはいいねやリプライ、リンクのクリック、
リツイート、ユーザープロフィールのクリック・・などがあり、
これらを行うとエンゲージメントの数が増えるため、
どのくらいの数のユーザーがTwitterに対して
関心を持ったか分かるというわけです。

このエンゲージメントの数が多ければ多いほど、
自分のつぶやきに興味を持っているユーザーの数が
どの程度なのか分かる機能ということになります。

Twitterエンゲージメントの重要性

では、なぜTwitterエンゲージメントの存在が重要になってくるのでしょうか?

それはもうお分かりかと思いますが、
フォロワーの行動を評価できるメリットがあるためで、
現代社会はフォロワーがどういった関心を持ち、
どういった行動を行うかが
評価される時代だからだと言えます。

正直なところ、さまざまな方法を行うことでフォロワー数を
増やすことはできますが、
いくらフォロワー数を増やしたところで
いいねやリツイートされないようなアカウントを
持っていても無意味です。

さらに、フォロワー数が何百万人いたとしても、
エンゲージメントが低ければ PR投稿をしたところで
効果が期待できるでしょうか?

逆に、そこまでのフォロワー数がいなくても、
コンテンツが非常にコアで熱狂的なフォロワーがいれば
PR投稿は驚くほど速く拡散していき、
ファン以外の人や企業が予想もしていないマーケットにまで
拡散される可能性だってあります。

Twitterエンゲージメントの活用法

Facebookと比較するとあまり公的なイメージのないTwitterですが、
たとえビジネスアカウントだとしても親近感が涌くような
個人的なツイートの方が注目を浴びやすいです。

Twitterを利用する人は若い人がほとんどで、
トレンドなどの要素がより多い方が
印象がよくなる傾向があります。

そのため、親近感を与えるために担当者が独り言を
つぶやいてみたりすると効果が得られやすいようです。

また、Twitterにはコラムラインというのがありますが、
ここにおすすめツイートや新着ツイートを
表示できる機能があるため、
フォロワー以外の投稿であっても、関連性が高かったり、
人気があるものは表示されやすくなっているので、
エンゲージメントが高ければ高いほど認知度を一気に
アップさせることができるでしょう。

ただ、人によって興味を持つ投稿は違うでしょうから、
しっかりと分析してつぶやくことが重要です。

よくあるTwitterエンゲージメントを高める投稿とはツイートに写真を付けたり、
発信するターゲットをはっきりさせる、
曜日ごとにテーマを決め投稿をし定期読者を増やす、
ハッシュタグの使用、フォローとフォロワー外しを定期的に行う・・
などがあります。

こまめにこういったことを行うことがTwitterエンゲージメントを
アップさせることにつながります。

 

ちょっとした手間でエンゲージメントをアップさせられるので、
ぜひ今日からでもやってみてくださいね。

まとめ

最近、ネットでどんなことでも調べられるようになっていますが、
商品の価格や品質だけでユーザーの気持ちをとらえるのは
困難な時代になっているのが現状です。

ぜひ、この機会にTwitterエンゲージメントの活用法を
知っていただければと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です