【Facebook広告】今更聞けない稼げる広告運用のポイント5選

はじめに
みなさんはFacebook広告を活用されていますか?
Facebook広告を運用するに当たり、
どこにポイントを置いていけばいいのか
始めは分からないでしょう。

そのため、ここではFacebook広告を運用する際に
おさえておきたいポイントを5つご紹介します。

今後Facebook広告を運用するのなら、
どれも大切なポイントですので、
しっかりと押さえておいていただきたいです。

そうすれば、Facebook広告をスムーズに
運用できるに違いありません。
ぜひ、ご参考になさってみてください。

Facebook広告を運用するポイント

目的に合わせて広告を使い分ける
そもそも、Facebook広告の広告とは
バナー1枚が最も一般的ですが、
スライド広告やスライドショー、キャンバス広告や動画広告・・
などの中から選ぶことが可能です。

広告セットやキャンペーンの目的は当然ながら、
広告そのものの目的に合わせ適宜パターンを
変えて配信することが大切です。

たとえば、カルーセル広告について言うと、
動画広告を活用しイメージや認知度をアップしたり、
商品イメージを強く持ってもらう・・などです。

また、キャンバス広告を活用しさまざまな商品を
紹介したりするなど、広告の配信目的や特性を
踏まえた上で行うことが重要です。

ターゲットを複数作成する

Facebook広告で設定されたターゲットのことを
オーディエンスと言いますが、
このオーディエンスは複数作成が可能です。

そのため、予算に関わらずいくつか
作っておくようにしましょう。

作成したオーディエンスは同時配信により
どれが最適なのか一度に検証が可能です。

成果が得られるまでの時間を短くし効率的に
運用するためにも広告を配信する際は
オーディエンスをいくつか作ることが大切です。

バナー画像にポイントを置く

どんな広告であっても同様ですが、
ユーザーの関心を引き行動を起こしてもらうためには
ユーザーの目により触れるようにすることが大切です。

Facebook広告の場合、どうすればユーザーの
目を引いてもらえるバナー画像を作れるかが
成果に直結してきます。

かと言って、バナー画像に正解はないため、
できる限りさまざまなリソースをさいて多く作成し
どのバナー画像が最も適しているかど検証する必要がありそうです。

セグメントは1つにこだわらない

Facebook広告を運用する際、セグメントは1つに
こだわらず広告の成果が出やすいものを見つけることが
効果を上げるコツだと言えるでしょう。

そのためにも、成果が挙げられそうな
セグメント1つにこだわることなく、
キャンペーン目的や広告セットを設定したり、
バナーなどを変えても成果が見込めないようなら、
設定を積極的に変えていくことが大切です。

Facebook広告の分析を行う

Facebook広告広告を運用するためには
広告のクリック率の他に細かい配信データを見ることが重要です。

そのためにも、こまめに広告のデータ分析を行っていただき、
ターゲティングやバナーをこまめに改善することで
Facebook広告の効果を最大限に発揮できると言っていいでしょう。

同じ広告を長期間出しっぱなしにするのは禁物です。
定期的に広告を変えることが成果につながります。

まとめ

Facebook広告の運用のポイントを5つご紹介しました。
どれもすぐにできそうなものばかりですよね?
Facebook広告はうまく運用すれば
コストパフォーマンスのいいツールです。

企業が個人に対してピンポイントでリーチできる
広告は他にそう多くはありません。
これをきっかけにFacebook広告を
うまく活用していただき効率よく
マーケティングを行ってみてくださいね。

個人に対して企業がピンポイントリーチ
していける広告は多くないため、
これを機会にFacebook広告を活用して、
効率の良いマーケティングを行いましょう。

ぜひ、今後導入を検討してみてはいかがでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です